新人保育士

保育士に向いてないと思うあなたへ|子どもにイライラしたときの対処法

子どもに何度も同じようなことを言ってばかりで、イライラしてしまう

子どもにイライラして保育士に向いていないのかな

以上のような、あなたの悩みにお応えします。

 

本記事では子どもにイライラする保育士のあなた向けに保育中イライラしたときの対処法について掲載しています。

 

子どもにイライラして怒鳴ったことがある元保育士のゆるねこ(@bio_koropochi)が、イライラを落ち着かせるためにした方法について詳しくまとめました。

子どもにイライラしたときの対処法について知りたいというあなたは、ぜひともご覧下さい。

 

この記事はこんな人にぴったり
  • 子どもが言うことを聞かずイライラする
  • 子どもに怒鳴ってしまう
  • イライラせず穏やかに保育したい

保育士に向いてないと思うあなたがイライラしなくなる方法3選

イライラしたときに試すといい方法は3つです。

  • 深呼吸をする
  • 子どもの行動の原因を探る
  • 子どもと一対一で話す

一つずつ詳しくみていきましょう。

 

深呼吸をする

子どもにイライラして深呼吸をする女性

イライラしてきたらまずは深呼吸です。

なぜなら深呼吸をすることで興奮する気持ちを抑えることができるから。

 

私はイライラすると感情的になってしまい、大きな声を出してしまったり、自分の思いだけを話してしまったりしてしまいました。

そのとき、自分の心臓が早く、息が上がっていることに気が付いたんです。

そこで深呼吸をしたところ、力が抜け、感情的だった気持ちが収まりました

 

深呼吸することでイライラする気持ちを抑え、冷静に子どもの話を聞くことができます。

「イライラしてきた!」と思ったら、息を深く吸うことを心がけるといいですよ。

 

子どもの行動の原因を探る

子どもにイライラして子どものしたことの原因を探る

深呼吸してもイライラが収まらない時には、子どもの行動の原因を探るようにしましょう。

なぜなら、子どもはわざとイライラするようなことをしているわけではないからです。

「なんでこの子はできなかったんだろう」「やり方が合わないのかも」など、その子がどうしてそうしたのか原因を考えることでイライラした気持ちが収まってきます

 

私の場合、クラスに気が散りやすく集中力が短い子がいました。

分かりやすい言葉を使ったり、近くで聞けるように席替えをしたりと環境を変えたことで話を聞けるようになっていきました。

 

例えば、話を聞かなかった子は、何か気になっていることがあるかもしれません。

または、あなたが話すのが早くて話についてこれなかったのかもしれない。

子ども一人ひとりには個性があるので、一人ひとりに合った援助をしてあげることが大切です。

 

子どもの行動の原因を理解することで、冷静に考えることができイライラが解消されることがあります。

 

子どもと一対一で話す

子どもにイライラしたら一対一で話す

 

子どもに話を聞きたいのに、なかなか話してくれないということはありませんか?

話の聞き方を変えることで、イライラすることを防ぐことができます

 

私は子どもに話を聞くとき、一対一で話を聞くようにしています。

なぜなら他の子どもがいるところで話を聞こうとしても、子どもは気が散ってちゃんと話をすることができないからです。

 

私の場合、友達とトラブルがあった子に話を聞こうとしたところ、周りで遊んでいる子を見ていて上手く話ができませんでした

そこで遊戯室に連れていってゆっくり話を聞くようにしたところ、すらすら話をし始めたんです。

 

以上のように一対一でゆっくり話を聞くことで、子どもが話しやすい環境をつくることができます。

子どもが上手く話してくれなければ、あなたのイライラは増すでしょう。

一人担任だとクラスをまわさないとという焦りも混じり、余計にイライラしてしまいます。

試してみてくださいね。

 

別室に移動できない時は、他の子どもが見えないように背を向けて立たせて話を聞くといい

 

スポンサードリンク

保育士はどうしてイライラするのか?

子どもが好きな保育士というイメージがよくあるので、子どもにイライラしないのではと思いませんか?

私が子どもにイライラした原因は、以下の通りです。

  • 話を聞いていない
  • すぐ友だちに手を出す
  • うそをつく
  • にらむ
  • 物を隠す
  • 何度も注意される
  • 思ったことと違うことをする

 

特に多かったのは、何度も繰り返す子に対してイライラすることです。

 

例えば、こちらが全体に向けて話をしているときに、外を眺めている子がいるとします。

この子は普段からおっとりしている子で、たびたび話を聞いていないことがあります。

話を聞いていないことで次の活動が分からなくなり、個別で声を掛けたりと何度も援助をしていました。

 

何度も援助しているのにまた繰り返し同じことをすることが、イライラしてしまいます。

一度目は仕方ないと思えるんですが、「いつもあなただよね!?」という気持ちがイライラを増長してしまうんです。

 

子どもは一人ひとり個性がありますので、全員の集中力も同じではなく、集団保育の中で話を聞けなくなる子がどうしてもいるのは分かっています。

実際その時になると、イライラの感情が抑えられないんです。

 

とは言え、イライラする原因は子どもだけではありません

朝家を出るときに親と喧嘩したり、寝不足だったりなど私生活のイライラが原因のこともあります。

 

保育士は子どもに援助する仕事。

なるべく保育にイライラの感情を持ち込まないようにしたいものです。

 

「0~2歳児にイライラしてしまう」という人は、これをやるのが当たり前だからと思っていませんか?

この本は、日頃の当たり前の保育が実は必要なかったことに気づかされます。

 

スポンサードリンク

イライラしたときの対処法まとめ

子どもにイライラしている人

改めて、保育士がイライラした時の対処法をまとめておきます。

  • 深呼吸をする
  • 子どもの行動の原因を探る
  • 子どもと一対一で話す

 

子どもは大人の思う通りにはならないもの。

保育士も人間なので、イライラするときありますよね。

「どうしてわからないの!」と怒鳴ってしまったり、「まだできないもんね~」と嫌味を言ってしまったり。

 

けれども、保育士は子どもに援助をする立場。

イライラしても感情的にならず、イライラに対処できる方法を知っておくことが大切です。

今回あげたイライラ対処法は、イライラする前にも効果的な方法です。

 

子どもがしたことに対して、保育士は余裕をもって接してあげたいですね。

 

それでは、この辺で。ゆるねこでした。

ゆるねこ
ゆるねこ
Twitterでは最新情報を配信中♪

ゆるねこ(@bio_koropochi)をチェック!

 

他にも保育士に役立つ情報を知りたい人はこちらの記事が参考になります。

新人保育士記事まとめ 以上のような、悩みにお応えします。 本記事では、新人保育士や保育士を目指している人向けに、「保育士のグッズ、遊び、...