妊娠・出産

母親学級は行くべきか?実際に参加して感想をまとめてみた

母親学級に行くべきか迷っている

母親学級に行っていいことって何があるのか知りたい

以上のようなあなたの悩みにお応えします。

本記事では母親学級に行こうか悩んでいるあなた向けに母親学級に行くメリット・デメリットについて掲載しています。

妊娠を経験したゆるねこ(@bio_koropochi)は、初めての妊娠は何も分からず不安ばかりでした。

しかし、母親学級に参加することで、妊娠や出産について教えてほしいてもらったことで不安が解消されました。

母親学級に行ってよかったと思っています。

 

母親学級に行って感じたメリットやデメリットについてまとめています。

母親学級に行こうか迷っているというあなたは、ぜひともご覧ください。

 

この記事はこんな人にぴったり
  • 初めて妊娠する人
  • 周りに知り合いがいない人
  • 母親学級に行こうか迷っている人

母親学級に行くべきメリット

私が参加した母親学級は5か月~7か月ごろの妊婦さんが対象で、週に1回、計3回開催されています。

母親学級に行ってよかったメリットは4つです。

  • 疑問が解消できる
  • 親になる実感がわく
  • 他の妊婦さんの話を聞ける
  • 知り合いができる

一つずつ詳しくみていきましょう。

 

疑問が解消できる

 

妊婦になると栄養や運動など気を付けることが増えたり、体に変化が起きて戸惑ったりしませんか。

私はネットで検索すると良いことも悪いことも載っているので、どの情報が本当なのか分からなくなりました。

 

母親学級では助産師や栄養士など知識がある人から正しい情報を得ることができるので信頼できます

日頃疑問に思っていることが解決できるんです。

 

また、実際に一緒にやってみることで分かりやすいこともあります。

私の場合、陣痛時の呼吸法を一緒に行い、とても分かりやすかったです。

直接教えてもらえるので、正しいやり方を学ぶことができました。

これがきっかけで、陣痛に対する考え方が変わりましたよ。

 

人それぞれ体調も違えば、悩みも違うと思うので、専門の方に直接聞けるということはありがたいです。

 

親になる実感がわく

 

胎動やお腹の膨らみがないと、赤ちゃんがお腹の中にいることを実感する機会がありません。

母親学級では、赤ちゃんの成長の過程や生まれてからの話や聞くことで徐々に親になる実感がわいてきます

また、平均体重を再現した赤ちゃんを抱っこしたり、沐浴の体験をしたりするので赤ちゃんの姿を想像させます

 

家に帰ってから旦那さんにも話をすることで、パパになる意識を持ってもらうきっかけづくりにも。

 

赤ちゃんを育てるうえで大切な情報を得ることで、「もうすぐ親になるんだな」という実感がわいてくるんです。

よりお腹の子が可愛く思えてきますね。

 

他の妊婦さんの話を聞ける

 

母親学級では、自分と同じくらいの周期の妊婦さんと話すことができます。

妊婦ならではの悩みや、赤ちゃんグッズは何を買っているかなどリアルな話ができるんです。

 

私の場合、妊婦あるある話をして盛り上がりました。

例えば、お腹が出てくるとしゃがむと辛いので足を開くようになったこと。

赤ちゃんグッズはどこが安いか見比べて、お店巡りをすること。

 

嬉しかったことや辛かったことを話したり、聞いたりして

「辛かったのは私だけじゃなかった」と安心したり、話を共有できて楽しかったです。

 

実際体験している妊婦さん同士なので共感ができますよね。

ネットでは分からないこともあって、とても参考になりましたよ。

 

知り合いができる

周りに知り合いがいなくて、心細いことはありませんか。

母親学級に参加している人は同じ境遇の人が多いので話しやすく知り合いになりやすいです。

 

私の参加した母親学級では、妊娠してからの身体の変化などを話すグループワークがありました。

3日間同じメンバーで行うので、仲を深めやすく一緒になった人達と知り合いになることができました。

自分からアプローチをすることは必要ですが、両親学級に参加することは知り合いをつくるいいきっかけとなりますよ。

 

子育ての悩みなど打ち明けられるので、知り合いができることは心強いですよね。

必ずしも知り合いができるわけではない

 

スポンサードリンク

デメリット

私は母親学級に行くデメリットは感じませんでしたが、あげるとすれば予定を空けなくてはいけないことです。

 

1日3時間を3日間、日程が決まっているため前もって予定を空けておかないといけません。

平日に開催される場合、働いていたら前もって休みを取る必要がでてきます。

 

私は、「知り合いができるといいな」と思っていたので、3日間一緒に過ごすことで親近感がわいてよかったです。

予定を空ける必要はありますが、3日間の母親学級はたくさん知識を得られたので、ちょうどいい期間でした。

 

母親学級とは

妊婦が安心して赤ちゃんを産むために必要な知識等教えてくれるものです。

話をするは親学級の名の通り、母親が参加する講座です。

両親学級は両親で参加できる

 

同じ時期の妊婦が集まるため、交流の場にもなります。

 

私が受けた講座の内容は以下の通りでした。

  • 赤ちゃんの成長の様子
  • お産の流れについて
  • 陣痛について
  • 妊婦の栄養
  • 妊婦の歯について
  • 赤ちゃんの住まい
  • たばこ、お酒について
  • 妊婦の相談に乗る
  • 沐浴の仕方
  • 妊婦の意見交換
自治体によって違いがあります

 

母親学級は行くべきか?実際に参加して感想をまとめてみたまとめ

改めて、母親学級に参加するメリット・デメリットをまとめておきます。

疑問が解消できる

親になる実感がわく

他の妊婦さんの話を聞ける

知り合いができる

予定を空けておかないといけない

 

初めての妊娠は分からないことだらけです。

ネットの情報はありふれているからこそ、人との交流の中で正しい知識を身につけていくことが大切。

 

週3日の時間が取れないという方でも1日だけでも参加してみることで、意識が変わることもあるかもしれませんよ。

 

それでは、この辺で。ゆるねこでした。

ゆるねこ
ゆるねこ
Twitterでは最新情報を配信中♪

ゆるねこ(@bio_koropochi)をチェック!

 

他にも妊婦に役立つ情報を知りたい人はこちらの記事が参考になります。
妊娠・出産記事まとめ 本記事では、妊娠中のあなた向けに、「妊娠・出産に役立つ情報まとめ」について掲載しています。 初めての妊娠で不安なこ...