子育て

元保育士が直伝!寝かしつけが苦手なあなたもすぐに実践できる寝かしつけ方法

子どもを上手く寝かしつけられないから、いい寝かしつけ方法があったら教えてほしい

保育園ではどのような寝かしつけをしているのか知りたい

以上のようなあなたの悩みにお答えします。

 

本記事では子どもを寝かしつけるのが苦手なあなた向けに1、2歳の子どもを寝かしつける方法について掲載しています。

元保育士のゆるねこ(@bio_koropochi)は、保育園時代に本記事に載っている方法を使って約5分で子どもを寝かしつけていました。

 

寝つきにくい子どもを上手く寝かしつけられる方法について、詳しく解説します。

子どもを上手く寝かしつけることができないというあなたはぜひともご覧ください。

 

この記事はこんな人にぴったり
  • 寝かしつけ方法を知りたい
  • 上手く寝かしつけができない

保育士が教える、寝かしつけが苦手なあなたでも実践できる寝かしつけ方法

1,2歳の子どもに効果があった寝かしつけ方法は以下の7つです。

  • 抱っこやおんぶをする
  • 視界を暗くする
  • 体をさする
  • 眉間をなでる
  • 寝たふりをする
  • 絵本を読む
  • 子どもの話を聞く

一つずつ詳しくみていきますね。

 

抱っこやおんぶをする

抱っこやおんぶをして寝かしつける
この方法は、密着を好む子におすすめ

 

抱っこやおんぶはあなたの体温が伝わって安心感があります。

また、体が丸まることで落ち着きやすいです。

 

私の場合、布団に寝かして泣いてしまう子や寝たがらない子に使っていた方法です。

眠りにつくまでに時間が掛かる子もいましたが、次第に落ち着いていきます。

 

抱っこは縦抱きか横抱きの好みがありますので、どちらも試してみてください。

 

抱っこをする際は、抱っこ紐を使うと便利

 

体をさする

この方法は、体温が低い子におすすめ

 

子どもの体をさすって体温を上げることで、寝付きやすくします。

以下にもある通り、人間は体温が高くなると眠たくなるからです。

眠いとき、赤ちゃんの手が暖かくなるのと同じで、特定の皮膚部位(ここでは手足の甲)から熱を外界に逃がすことで体の内部の温度を下げ、つまり体全体の代謝を下げ、これに引き続いて脳温も下がって眠りに入るのです。

テルモ体温研究所より一部抜粋

 

私の場合、体の中で一番効果があるのは、足でした。

園では滑って転ばないように裸足で過ごしていて、足が一番冷えているからです。

また、足は心臓から遠いので冷えやすくなっています。

 

さすって効果がない場合、トントンするのもおすすめ

子どもの心臓の鼓動のリズムに合わせてトントンすると、寝付きやすくなります。

トントンの速さや強さを変えてみて、子どもに合った方法を探しましょう。

 

視界を暗くする

この方法は、周りの刺激が気になる子におすすめ

 

目の前に手を当てることで視界を暗くします。

視界が暗くなることで、周りの刺激に気が散ることがなくなり安心して眠りにつくことができるんです。

 

私の場合、布団に横になったとき周りをキョロキョロ見渡して寝付けない子に効果がありました。

大人は何とも思わないことも、好奇心旺盛な子どもにとっては気になって眠ることができないことがあります。

視界を暗くすると、キョロキョロしていた目がしだいに落ち着き、目を閉じます。

 

周りの刺激が気になる子には、視界を暗くして刺激をなくしましょう。

 

目を手で覆われることを嫌がる時は、壁側を見せて寝かせるといい

 

眉間を撫でる

この方法は、目を瞑ろうとしない子におすすめ

 

先ほど紹介した、視界を暗くする方法でも目を瞑れない子にも効果があります。

子どもの眉間を上から下へ撫でることで瞼が下がり、目を瞑りやすくなります。

目を瞑ると、そのまま寝てくれますよ。

 

私の場合、手の甲で視界を暗くしたまま、親指で眉間を撫でることで目を瞑りやすくしていました。

始めは、目を開けようとしますが、時間が経つとしだいに目を瞑ってくれます。

 

眉間が痛くならないように優しく撫でましょう

 

スポンサードリンク

寝たふりをする

この方法は、添い寝をしてもなかなか寝れない子におすすめ

 

一緒に添い寝をし、あなたは目を瞑って寝たふりをします。

あなたが寝たふりをすることで、子どもはかまってもらえずやることがなくなって寝てしまいます。

 

私の場合、側にいないと泣いたり、起きてしまう子に効果がありました。

しかし、添い寝をすると、一緒に寝れる楽しさからちょっかいをかけてきたり、話しかけてきたりすることがあります。

 

そこで、目を瞑ってじっとして寝たふりをすることが効果があるんです。

すぐに寝ないこともあるので、あなたも寝てしまうかも?

 

絵本を読む

この方法は、布団に入りたくない子におすすめ

 

まだまだ眠りたくない!」という子には、気分を変えて絵本の読み聞かせをしましょう。

まだ寝たくない気分でも、大人も一緒に寝転がって読むことで子どもは安心して横になれます。

 

私の場合、小さくて優しい声でゆっくり読んでいるとよく寝ました。

 

笑いを誘う絵本だと、テンションが上がってしまうので、以下のような穏やかな話の絵本がおすすめ

 

絵本を読むのは苦手という人『おそらの絵本』はいかがでしょうか。

こちらの記事が参考になります。

おそらの絵本で寝かしつけが楽になる|寝かしつけに時間をかけない 以上のようなあなたの悩みにお答えします。 本記事では絵本を読んで寝かしつけをしたいあなた向けに「おそらの絵本」につ...

 

子どもの話を聞く

この方法は、話を聞いてほしい子におすすめ

 

布団に入ってからも子どもが話をしてくる場合は、話を聞いてあげましょう。

話を聞いてあげることで、落ち着き眠りにつくことができます。

 

私の場合、話を聞いてもらえた安心感を感じれるように相槌をうったり、うなづいたりするようにしました。

話を聞いてもらうことで子どもは満足し、静かになります。

 

話を聞きながら、お腹を撫でたり、抱っこしたりすると寝付きやすい

 

スポンサードリンク

元保育士が直伝!寝かしつけが苦手なあなたもすぐに実践できる寝かしつけ方法まとめ

改めて、寝かしつけ方法をまとめておきます。

  • 抱っこやおんぶをする
  • 視界を暗くする
  • 体をさする
  • 眉間をなでる
  • 寝たふりをする
  • 絵本を読む
  • 子どもの話を聞く

 

寝かしつけたいからとはいえ、子どもが嫌だと思うことであれば止めましょう

子どもは気になってしまって寝る気にならないからです。

 

これが効くから!とムキになってまで試すのではなく、様々な方法を試してみて、子どもに合った寝かしつけ方法を見つけてくださいね。

 

ねんねトレーニングについて詳しく知りたい人は、こちらの本に詳しく載っています。

 

それでは、この辺で。

ゆるねこ(@bio_koropochi)でした。

 

他にも役立つ情報がたくさんです↓

子育て主婦記事まとめ 以上のような、あなたの悩みにお応えします。 本記事では、主婦業が大変なあなた向けに、「子育て主婦に役立つ記事」を掲...

 

ゆるねこ
ゆるねこ
Twitterでは最新情報を配信中♪