グッズ

保育雑誌のパプリカは壁面・製作のアイデア満載|休刊ピコロの代替保育雑誌

ゆるねこ
ゆるねこ
保育雑誌を毎年購入していた、元保育士のゆるねこです。
Twitter:@bio_koropochi
新人保育士
新人保育士
■パプリカってどういう保育雑誌なんだろう。

■他の雑誌との違いを知りたい。

■使い勝手はいいのかな。

本記事は、以上のような要望にお応えしています。

 

ここで紹介する『パプリカの特徴』を把握していただければ、パプリカがどのような保育雑誌か分かりますよ。

なぜなら、実際にパプリカを買って読んだ私が買ってよかった点、不便だった点をまとめているからです。

 

本記事は数分で読めますので、保育雑誌を選ぶ参考にしていただければと思います。

 

保育雑誌:パプリカとは

 

値段 1,650円
付録 なし
CDーROM なし
載っている情報 壁面、製作、イラスト&文例
年間購読 なし

学研が出版している保育雑誌。

年に4回の発行で、1冊に3カ月分の情報が詰まっています。

 

内容は、壁面、製作、遊びについてが主です。

遊びの内容は毎号異なっています。

約50ページに渡って、遊び方が細かく記されていますよ。

 

3・4・5月の春号では、以下の内容について知ることができます。

  • 春&梅雨の壁面
  • 誕生会アイテム&バースディカード
  • 春&こいのぼり&親子参観の製作
  • リズム遊びや固定遊具などの運動遊び

 

 

 

パプリカの特徴

ゆるねこ
ゆるねこ
次はパプリカのいい所を紹介します

 

実際に読んでみて分かった、パプリカのいい所は3つです。

  • 毎月雑誌を買うより安い
  • 壁面の型紙を雑誌から取り外せる
  • 時短テクが載っている

一つずつ詳しくみていきましょう。

 

毎月雑誌を買うより安い

パプリカは、3ヵ月分の情報が詰まって1,650円です。

以前学研から発売されていたピコロは1カ月で1,080円でしたので、3ヵ月分買うと3,240円。

 

1ヵ月ずつ毎月買うよりも安くなるんです。

ただし、CD-ROMがついていないことや載っている情報量は限られる

 

パプリカは壁面・製作・遊びに特化しているので、

知りたい情報が決まっている人

毎月保育雑誌を買う人

にとっては安く買える保育雑誌と言えます。

 

壁面の型紙を雑誌から取り外せる

保育雑誌には壁面の型紙が付いているものですが、取り外しは不可

コピー時に雑誌がかさばってイラストが曲がってしまうなどきれいにコピーができないことがあります。

 

しかし、パプリカの壁面の台紙は取り外し可能。

 

きれいにコピーができます

コピーのやり直すことがないのは嬉しいです。

 

コピーしにコンビニにいくときでも、雑誌ごと持って行かなくていいので軽いですね。

 

時短テクが載っている

パプリカには使いまわせる壁面や時短テクが載っています。

作る物が多い保育士には有益な情報!

 

例えば、音符の形をした誕生日飾り付けでは、来年度も使いまわせるように作るテクが紹介されています。

 

年度初めはやることが多くて、なるべくなら作る物は少なくしたいものです。

誕生日の飾りつけは毎年必要になるものなので、自分で考えなくても使いまわすポイントを教えてくれるのはいいですね。

 

スポンサードリンク

読んでみて不便に感じたこと

ゆるねこ
ゆるねこ
一方で、他の雑誌と比べて不便に感じることもありました

 

情報量が物足りないこともある

3カ月分の製作や壁面のアイデアが載っているパプリカ。

季節によって掲載ページ数は異なっています

 

よって、知りたいことについて情報量が物足りなく思うこともあるんです。

 

例えば、

母の日・父の日のプレゼントは見開き1ページ。

対して、鯉のぼりの製作は見開き18ページ。

 

確実にアイデアをもらいたい人は、購入前に雑誌に目を通しておきましょう

 

重たい

パプリカは160ページ分の情報が詰まっている為、重たいです。

それでも3冊分の雑誌を持ち歩くよりは軽い。

 

雑誌を少しでも軽くする方法があります。

軽くするポイント

  • 携帯で写真を撮る
  • 型紙を抜く

 

 

楽譜と一緒に持ち歩こうとすると鞄がとてつもなく重くなるので、避けることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

保育雑誌のパプリカは壁面・製作のアイデア満載

2020年3月から新しく学研から出版されることになった、パプリカ。

 

パプリカは以下のような人におすすめです。

壁面・製作のアイデアを知りたい人

安く保育雑誌を買いたい人

付録はいらない人

 

特に、壁面や製作のアイデアを得るために保育雑誌を買いたい人には、おすすめの雑誌です。

 

それでは、この辺で。

ゆるねこ
ゆるねこ
Twitterでは子育てイラストを配信中♪
気になる人はゆるねこ(@bio_koropochi)をフォローしてね!