保育士志望

保育士の仕事って何をしているの?集団遊びのためにしていること

保育士って子どもと遊ぶために何をしているんだろう

保育士が子どもと遊ぶときに気を付けていることって何かあるのかな

以上のような、あなたの疑問にお応えします。

 

元保育士のゆるねこ(@bio_koropochi)は、保育士になる前、子どもと遊ぶことは自分も楽しんでいればいいと思っていました。

しかし、保育士になってからは遊ぶために考えることがたくさんあり、ただ遊んでいるだけではないことを知りました。

 

本記事では保育士を目指しているあなた向けに「保育士が集団遊びのためにしていること」について掲載しています。

 

保育士が子どもの遊びのためにしていることについて、詳しく解説します。

保育士の仕事について知りたいというあなたはぜひともご覧ください。

 

この記事はこんな人にぴったり
  • 保育士を目指している人
  • 保育士の現状を知りたい人

保育士の仕事って遊んでいるイメージ?

保育士って子どもと遊んでいるだけってイメージをもっていませんか?

もちろん保育士は子どもの目線にたって遊ぶことも大切です。

しかし、遊ぶためにもいろいろ準備をすることがあるんですよ。

 

保育士が集団遊びのためにしていることは3つあります。

  • 遊ぶ前にすること
  • 遊ぶときにすること
  • 遊んだ後にすること

一つずつ詳しくみていきましょう。

 

遊ぶ前にすること

子どもと遊ぶ前に必要なことは3つ。

  1. 遊びの知識
  2. 遊びに使うものを用意しておく
  3. 環境の設定

 

集団遊びをするようになるのは約4歳からです。

以下でドッジボールに例えて説明します。

遊びの知識
  • 正しいルール、子どもの成長に合わせたルール
  • ルールを理解していない子や、トラブルを想定した対処法
遊びに使うもの
  • ボール
  • コート
  • 色分けの帽子
環境の設定
  • 友達と接触しないくらいの広い場所
  • 地面の状態
  • 子どもの人数

 

子どもは集中力が短いため、当日はスムーズに進められるように事前に計画しておきます。

 

初めて遊ぶときは特に子どもが分かりやすいような伝え方が大事です。

実際に目の前でやってみせたり、遊びに使うものを見せたりします。

おもちゃ

 

理解するのに個人差があるため、分かりやすくあればあるほどいいです。

それでも理解できない子は、実際に遊びながら正しいルールを知らせていきます。

 

保育士が慌てないように遊ぶ前に計画を練っておく必要があるんです。

 

遊ぶときにすること

遊ぶときにする1番大切なことは子どもに目を配ることです。

 

遊び始めると子どもが一斉に動きだして、なかなか一人ひとりを見ることはできません

ドッジボールであれば、ルール確認のためにボールを目で追いますが、その間に見えないところでトラブルが起きることが。

一方で、危険な行動をする子もいます。

 

子どもが安全に遊べるように目を配り、それぞれに合った対処をする必要があります。

私は何かあったらその都度声を掛け、援助していくようにしていました。

遊んでいる子ども

 

子どもを見るのに余裕がてでてくれば、保育士も一緒に遊びます。

保育士が一緒に遊ぶことで、遊びの楽しさが分かったり、友達との関わりが増えるきっかけになったりします。

 

遊ぶときは、保育士も遊ぶだけでなく周りに気を配ることが大切です。

 

遊んだ後にすること

遊ぶ

子どもと遊びを振り返り、遊びの楽しさを伝えていきます。

子どもたちは体を動かすことが好きな子・苦手な子、理解が早い子・遅い子など様々。

1回の遊びで全員が遊びの楽しさを理解できるわけではないからです。

 

この時無理に楽しいと思わせなくてもよく、「また今度やってもいいかな~」と思えるくらいの記憶でいいです。

興味のある子と遊んでいる内に、遊びたい子は寄ってきますよ。

 

また、書類面では、遊びの反省をします。

反省内容は以下のようなものです。

  • 遊びの内容はどうだったか(難易度、人数、環境など)
  • 子どもの反応はどうだったか
  • 援助は適切だったか

 

この反省によって次の遊びの内容に関わってきます。

子どもが集団遊びを「楽しい」「またやりたい」と思ってもらえるようにするために必要です。

 

そんな保育士には公務員試験を受けてなることもできます。

公立保育士を目指している人はこちらの記事が参考になりますよ。

公立保育士の試験内容と対策方法を元地方公立保育士が徹底解説 以上のような、あなたの悩みにお応えします。 本記事では公立保育士を目指しているあなた向けに「公立保育士の試験内容と...

 

スポンサードリンク

保育士の仕事って何をしているの?集団遊びのためにしていることまとめ

遊ぶ男の子

改めて、保育士が集団遊びのためにしていることをまとめておきます。

遊ぶ前にすること

  • 遊びに使うものを用意し、環境の設定をする
  • 遊びの知識を身につけておく

 

遊ぶときにすること

  • 子どもに目を配り、慣れてきたら一緒に遊ぶ

 

遊んだ後にすること

  • 子どもに遊びの楽しさを伝える
  • 遊びの反省をする

 

保育士や園によってやり方が異なる

 

子どもが楽しく遊ぶために、保育士がしていることは様々です。

大切な子どもの命を預かっているので、安全の保障が一番。

そのために遊びの計画と、反省が欠かせません。

 

子どもの関わり方など保育士になってから役立つことを知りたい人には、こちらの本が参考になります。

現場で役立つ情報が詳しく載っています。

 

それでは、この辺で。ゆるねこでした。

ゆるねこ
ゆるねこ
Twitterでは最新情報を配信中♪

ゆるねこをチェック!