その他

インソール靴のメリット・デメリット|実際疲れって取れるの?

インソールが入っている靴ってどうなんだろう

履いてみて合わなかったら嫌だから買うのを悩む

以上のような、あなたの悩みにお応えします。

 

立ち仕事をしているゆるねこ(@bio_koropochi)は、仕事が終わると足がむくんで痛くなります。

足の疲れを取りたい一心で買ったのがインソールの入った靴です。

 

本記事ではインソール靴ってどうなのか気になるあなた向けにインソール靴のメリット・デメリットについて掲載しています。

インソール靴について知りたいというあなたはぜひともご覧ください。

 

この記事はこんな人にぴったり
  • 立ち仕事をしている人
  • 足が疲れにくくなりたい人
  • インソール靴が気になる人

インソールの靴を履くメリット・デメリット

インソール靴を使ってみて感じたメリット・デメリットは以下の通りです。

気になる内容をクリックすると、いち早く詳細を読むことができます。

以下で詳しくみていきましょう。

 

インソール靴を履くメリット①:足が疲れにくい

インソール靴は足が疲れにくい

インソールが入っている靴を履くようになってから、足の疲れを感じにくくなりました。

今までは仕事が終わると「足を伸ばしたい」「横になりたい」と思うほど足が疲れていたのに。

 

疲れにくくなった理由は、インソールによって土踏まずが支えられるからです。

インソールが靴底と足との隙間を埋めることで、足裏全体で体重を支えるようになります。

さらに体の重心も取りやすくなり、歩きやすくなりました。

 

足が余分な筋肉を使わなくなることで、疲れにくくなったんですね。

インソール靴のメリット・デメリットの目次に戻る

 

インソール靴を履くメリット②:インソールが取れる心配がない

インソール靴はインソールが取れる心配がない

靴の中にインソールが入っているので、歩いている内にインソールが取れてしまう心配はありません。

また、靴の色合いや柄にあったデザインになっています。

インソール靴のメリット・デメリットの目次に戻る

 

インソール靴を履くデメリット①:インソールが気になる

インソール靴はインソールが気になる

初めて履いた時は、インソールが気になりました。

歩くたびに土踏まずをインソールが刺激するからです。

痛くはありませんが、例えると足裏マッサージをされているような感じ。

 

特に足が疲れてくる夕方に気になりました。

 

しかし、履き続けることで、次第に慣れてきてインソールの刺激も気にならなくなりましたよ。

自分に合ったインソールが欲しい人は、オーダーメイドのインソールを使うと安心ですね。

インソール靴のメリット・デメリットの目次に戻る

 

インソール靴を履くデメリット②:インソールの調節ができない

インソール靴はインソールの調節ができない

インソールが靴の中に入っているので、取り外しはできません。

自分の足に合うインソールに変えることができないんです。

 

そういったデメリットを避けるためには、自分でカットできるインソールがおすすめです。

靴の中に入っていないので、自分の足のサイズや靴のサイズに合わせることができます。

インソール靴のメリット・デメリットの目次に戻る

 

インソール靴のメリット・デメリット|実際疲れって取れるの?まとめ

インソール靴メリット・デメリット

改めて、インソール靴のメリット・デメリットをまとめておきます。

足が疲れにくい

インソールが取れる心配がない

インソールが気になる

インソールの調節ができない

 

自分に合った靴を履いていないと、姿勢が悪くなったり、足が疲れやすくなったり、足が痛くなったりと不具合があります。

インソールを入れるだけで、長時間の立ち仕事も楽になりますよ。

インソールは自分に合ったものがあるので、いろいろ試してみてくださいね。

 

足の疲れが少しでも減りますように。

 

それでは、この辺で。ゆるねこでした。

ゆるねこ
ゆるねこ
 Twitterでは最新情報を配信中♪

ゆるねこ(@bio_koropochi)をチェック!