妊娠・出産

出産時持っていけばよかった!と後悔しない|本当に必要な入院準備物まとめ

出産の入院準備って何を持って行けばいいのか分からないから教えてほしい

持って行くと安心な入院準備物を知りたい

以上のような、あなたの悩みにお応えします。

 

本記事では妊娠中のあなた向けに

出産の入院準備に必要な物について掲載しています。

 

出産を経験したゆるねこ(@bio_koropochi)が、出産して分かった出産の入院準備に必要な持ち物について詳しく解説します。

本当に必要な入院準備物について知りたいというあなたは、ぜひともご覧ください。

 

この記事はこんな人にぴったり
  • 妊娠後期の人
  • 出産の入院準備物は何が必要か分からない人
  • 初めて出産する人

 

入院準備グッズの注文は送料無料&最短翌日到着のAmazon primeが大変お得です。1日約16円で利用可能です。

出産時持っていけばよかった!とならないために必要な入院準備物

出産の入院準備グッズとして以下の場面に分けて紹介します。

気になる内容をクリックすると、ジャンプしていち早く詳細を読むことができます。

一つずつ詳しくみていきましょう。

 

貴重品

持って行くべき貴重品は以下の6つ。

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 母子手帳
  • 財布
  • 携帯電話

 

いつ入院してもいいように、普段使っている鞄にまとめて入れておくといいでしょう。

母子手帳ケースにまとめておくものいいですね。

出産準備の目次に戻る

出産時に必要になる物

陣痛が起きてから分娩をするまでで、必要な物は以下の3つ。

  • お茶か水
  • 軽食
  • 時計

数時間で産む人もいれば、何十時間もかかって産む人もいます。

数は臨機応変に準備しておきましょう。

以下で詳しく説明していきます。

 

お茶か水

陣痛がくると力み、痛みがひくと休み、陣痛はその繰り返しでとても疲れます。

背中がベタベタになるくらい汗をかくことがあるので、お茶か水を用意しておきましょう。

 

私は痛みに耐えきれず叫んだり、呼吸法で息を吐いたりしていたので、のどが渇きました。

気付かぬうちに水分が失われていたので、水分の摂取が欠かせませんでした。

 

飲み物を口にすると、少しリラックスできるのもよかったです。

 

また、寝ながら飲む時のために、ペットボトル用のストローがあると飲みやすいです。

陣痛の間隔がせまくなってくると、起き上がる力は残っていません。

 

軽食

長時間の陣痛になればなるほど体力を使うので、手軽に食べれるものを用意しておきましょう。

片手で食べれるものやゼリー状のものがおすすめです。

 

私は、ゼリー状のエネルギーチャージできるものが食べやすかったです。

陣痛がきた時の体調はその時になってみないと分からないので、いつでも食べれる無難な食べ物がおすすめ。

 

時計

陣痛室には時計がないことがあるので、時計を持って行くといいでしょう。

 

私の場合、陣痛室に時計がなかったため、何時間痛みに耐えているのか、外は明るいけれど今何時なのか分からず不安でした。

陣痛室に時計があるか分からないので、自分で持っていくと安心です。

見やすい場所に置いておくこともできますしね。

 

ちなみに、テニスボールを持って行くといいという情報もありました。

私の場合は旦那が背中をさすってくれたため、テニスボールはなくても平気でした。

わざわざ買う必要はないと思います。

出産準備の目次に戻る

 

入院中に必要になる物

入院中必要になる物を2種類に分けてまとめました。

  • 生活用品で必要な物
  • あなたが身につけるもので必要な物

以下で詳しくみていきましょう。

 

生活用品で必要な物

ここからは入院生活で必要だった物を紹介します。

  • コップ
  • 歯磨きセット
  • ドライヤー
  • 洗面道具
  • メイク道具
  • ティッシュ
  • 充電器
  • ビニール袋
  • タオル、バスタオル

以下でコップ、メイク道具について説明します。

 

コップ

出産後、母乳をあげ始めます。

母乳をあげるようになるとあなたの体の水分は失われていくことになり、積極的に水分を摂るようにしなくてはいけません。

 

私が入院した病院にはウォーターサーバーが置いてあり、水は自分のコップで飲むことになっていました。

コップは水を飲むとき以外にも薬を飲んだり、うがいをしたりするときに役立ちます。

病院に紙コップがあれば、代用可能

 

メイク道具

出産すると、親戚や友達が、あなたや赤ちゃんの顔を見に会いにくることがあります。

すっぴんを見られたくないのであれば、メイク道具を用意しておくといいでしょう。

 

写真を撮る機会もあるので、「あのとき眉毛をかいておけばよかったなー」

と後悔しないようにメイク道具を持っていくといいですね。

 

あなたが身につけるもので必要な物

出産すると大きかったお腹が小さくなるなど体の変化がおきます。

変化に伴い、必要になる物があります。

  • パジャマ
  • 授乳ブラ・授乳パッド
  • 産褥ショーツ
  • 生理用ナプキン
  • 補正ベルト
  • 靴下・上着

以下で詳しくみていきますね。

 

パジャマ

授乳がしやすいように前開きのパジャマを用意しましょう。

前開きのパジャマは授乳の際、胸をすぐ出すことができます。

胸に服が被さったり、赤ちゃんの口元が見くなかったりすることがないので、授乳しやすいです。

初めての授乳はうまくいかないもの。

前開きのパジャマは重宝します。

 

尚、パジャマの代用品として、前にチャックがついているパーカーでもいいですよ。

NORATWIPS ルームウェア パジャマ 上下セット 部屋着 前開き ナイトウェア ロングパンツ レディース(ネイビー M)
NORATWIPS

 

授乳ブラ・授乳パッド

授乳がしやすいように、肩胸ずつ出せる授乳ブラを用意しましょう。

寝ているときに胸が張って母乳が出てきてしまうことがあるので、授乳ブラに授乳パッドをつけて寝るといいです。

その際、締め付けが苦しくないブラがおすすめです。

尚、授乳パッドの代用として、タオルでもいいでしょう。

 

産褥ショーツ

産褥ショーツは中央がマジックテープで止められていて、簡単に開くことができます。

会陰部が切れて縫っている場合、看護師や医者がマジックテープを取って治り具合を見るために必要になります。

 

血がついて汚れることがあるので、2~3枚多めに持っていくことをおすすめします。

 

生理用ナプキン

出産して出てくる血を受け止めるために生理用ナプキンが1袋ほどいります。

病院で大きなナプキンがもらえる場合もありますので確認しておきましょう。

 

病院でもらえることもあるますが、それだけでは足りないことも。

病院で買うと高いことがありますので、事前に持っていくか、家族に買ってきてもらってもいいですね。

血は少しずつ少なくなってきますので、昼用のサイズでもいいです。

 

補正ベルト

出産をすると赤ちゃんが通ってきた骨盤は開き、緩くなっています。

骨盤を締めるためにも、出産したらすぐに補正ベルトをつけることをおすすめします。

 

靴下・上着

足元が冷えると体が冷えてしまうことがあるので靴下があるといいでしょう。

 

また、部屋からでるときにパジャマ1枚でいるのに抵抗がある人は、カーディガンなどの気軽に羽織れる上着があるといいです。

暖房や冷房で室温は調節できると思いますが、念のため準備しておくといいです。

出産準備の目次に戻る

 

退院するときに必要な物

退院するときにも必要になる物があります。

入院時に持ってこず、旦那さんや両親に持ってきてもらってもいいですね。

  • 赤ちゃんの服
  • おくるみ
  • あなたの服
  • お金
  • チャイルドシート(車で帰る場合)

以下で詳しくみていきましょう。

 

赤ちゃんの服

ベビードレスやプレオール、肌着などがあるといいです。

入院中の赤ちゃんの服は病院が貸してくれたので、助かりました。

 

おくるみ

退院する日は赤ちゃんが初めて外に出る日です。

今まで室内で過ごしていた赤ちゃんは太陽に当たるのも初めてです。

 

おくるみでくるむことで、肌の弱い赤ちゃんを紫外線から守ることができます。

寒い日には体を冷やさないためにも役に立ちますよ。

 

あなたの服

忘れがちなのがあなた自身の服です。

産前はお腹が出ていますが、産後はお腹がへこみ服のサイズも変わります。

ワンピースや妊娠前の服があるといいです。

ウエストがあるズボンなどはウエストが緩くなるので気を付けましょう。

 

お金

退院する際に入院にかかった費用を支払います。

クレジット払いできない病院だと現金で支払うことになりますので、事前に病院に確認しておきましょう。

現金でしか支払えない場合、現金の準備がいります。

出産は保険がきかないため、費用が高額なので、前もってある程度のお金を用意しておきましょう。

 

チャイルドシート

6歳未満の子どもはチャイルドシートの着用が義務付けられています。

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。

引用:警察庁(道路交通法第71条の33項)

退院して車で帰る場合、首が座っていなくても乗れるチャイルドシートをつけておきましょう。

出産準備の目次に戻る

 

スポンサードリンク

病院で準備してくれる物

病院によっては初めから病室に用意してくれているものがあります。

自分から聞かないと教えてくれないことがありますので、確認しておきましょう。

 

私の場合い、以下の物を用意してくれていました。

  • 円座クッション
  • 授乳クッション
  • 飲料水
  • 赤ちゃんの物(オムツ、ガーゼ、ミルク、おしりふき)
  • シャンプー、リンス、ボディーソープ

 

シャンプー等、赤ちゃんの物は余れば持って帰ってよかったので助かりました。

赤ちゃんの肌着や服は持ち帰れませんが、入院中は用意してくれます。

 

おむつなどの消耗品は足りなくなった場合、病院でも販売されていますが、市販で買った方が安いです。

足りなくなることはありませんでしたが、事前に買っておいて、なくなったら家から持ってくるようにするといいです。

 

スポンサードリンク

出産の入院準備はいつまでに?

出産準備

人によって入院のタイミングは様々です。

破水して急に入院をすることになったり、陣痛がきて様子を見て病院に行ったり。

では、いつから入院準備をしておけば安心なのでしょう。

 

臨月の35週頃までには準備をしておくと安心です。

理由は35週を過ぎてくると赤ちゃんが下がってきて、いつ生まれても良くなることが多いからです。

また、お腹が大きくなって思ったように動けなくなってきます。

 

早めに準備して、出産までの日を安心して過ごせるようにしてくださいね。

入院準備したグッズが入っている鞄は、いざ生まれるとなったときに

すぐに持ち出せるよう玄関や家族全員が知っている場所に置いておきましょう。

 

この時期になると考え始めるのが内祝いです。

おすすめの内祝いについてはゼクシィ内祝いで詳しくまとめています。

ゼクシィ内祝いはクーポン利用で割引あり【2019年】 以上のようなあなたの悩みに答えます。 本記事では出産内祝いを探している妊娠中のあなた向けに「ゼクシィ内祝いのおすす...

 

出産時持っていけばよかった!と後悔しない|本当に必要な入院準備物まとめ

最後に、改めて出産の入院準備で必要なものを場面別にまとめておきます。

入院準備をしたといっても入院した状態によって、必要になるものは変わってきます。

臨機応変に買い揃えるなどしてくださいね。

 

それでは、この辺で。ゆるねこでした。

ゆるねこ
ゆるねこ
Twitterでは最新情報を配信中♪

ゆるねこ(@bio_koropochi)をチェック!

 

「里帰り出産の手続きって何があるか分からない」と思っている人は里帰り出産をする前に旦那に頼むべき手続きまとめをご覧ください。

里帰り出産をする前に旦那に頼むべき手続きまとめ 以上のような悩みにお答えします。 本記事では里帰り出産を考えているあなた向けに「旦那に頼むべき手続き」について掲載...