子育て

はらぺこあおむしの布絵本はファーストトイにぴったり|子どもが夢中になるしかけ

ゆるねこ
ゆるねこ
0歳の子どもを子育て中のゆるねこです。
Twitter:@bio_koropochi
産後ママ
産後ママ
生まれた子どものおもちゃで何かいい物ってあるかな

 

本記事では、以上のようなあなたの悩みにお応えします。

 

生まれた子どものおもちゃを探しているあなた向けに「はらぺこあおむしの布絵本のおすすめポイントについて掲載しています。

 

子育て中の私が子どもに初めて買ったのは、はらぺこあおむしの布絵本でした。

この絵本は2カ月頃から見せ始め、3カ月頃から自分で触って遊び始めました。

ずっと好きで遊んでいるおもちゃです。

 

はらぺこあおむしの布絵本をファーストトイにおすすめしたいポイントについてまとめています。

この記事は数分で読めますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

この記事はこんな人にぴったり
  • 産後ママの人
  • 子どものおもちゃを探している人

はらぺこあおむしの布絵本紹介

現在は紐の根本にC型リングがついています

 

値段:2,000円

対象年齢:0歳~です。

大人が絵本を触って音を聞かせれば、手で触れなくても楽しめます。

 

手入れ:まるごと水洗いはできませんが、濡らしたタオルで拭いたり、表面を水で流せます。

素材:ポリエステル、ポリエチレン

 

スポンサードリンク

はらぺこあおむしの布絵本は何がいいのか

実際我が子が使っていて感じた、おすすめのポイントは以下の2つ。

  • 子どもがワクワクするしかけがたくさん
  • 長く使える
  • 子どもの手でもつかみやすい

詳しく見ていきましょう。

 

子どもがワクワクするしかけがたくさん

はらぺこあおむしの布絵本には、以下のようなしかけがあります。

  • あおむしの人形
  • 歯固め
  • 音が鳴る
  • 穴が開いている
  • パリパリしている
  • つるつるしている

様々な素材が使われているので、手や口、耳で楽しむことができるんです。

 

詳しく、ページごとに説明していきますね。

まずは、表紙です。

イチゴをつなげている紐も好きです。

 

2,3ページ目。

リンゴの中に音が鳴るものが入っていて、押すとあおむしの人形がピクッと動きます。

 

4,5ページ目。

始めは鏡に興味はありませんでしたが、自分の顔ということが認識できるようになると鏡に向かって笑っていました。

 

 

裏表紙。

タグもよく舐めてました。

 

いろんな遊び方があることで、子どもが泣いてしまったときにもあやしやすくなります。

パリパリの音で泣き止まなかったら、鏡を見せてみる・・と何かしらの方法で泣き止ませることができます。

 

ペラペラで、鞄でもかさばらないのでお出かけ先にも持っていきやすいですよ。

さらに、絵本にリングが付いているので、ベビーカーに引っかけておくことも可能です。

 

長く使える

子どもは成長につれできることや興味が変化していくものです。

手を見つめていたのが、舐めるようになり、手を握ったり、指を動かしたり・・

 

先ほど紹介したように、子どもの興味が惹かれる仕掛けがたくさんあることで、紐を触ることに飽きたとしても、次は鏡に夢中になります。

飽きたと思っていたら、また紐を触ってみることもあるので、長く遊べることができるんです。

 

自分で動けない内は大人が見せて画げますが、自分で触れるようになるとまた違った楽しさがありますからね。

一つのおもちゃで長く遊べるのは、たくさんおもちゃを買わなくていいので、嬉しいですよね。

 

子どもの手でもつかみやすい

絵本と言っても布で作られているので、子どもの小さな手でもつかみやすいです。

つかみやすいことで握ったり、持ち上げたり、めくったりする動作がしやすくなります。

 

我が子は3カ月ごろ~握って離しての繰り返しをして遊び始めました。

しだいに握ったら口に入れるように。

 

握りやすいだけでなく、布絵本は柔らかく、形が変形するので、口に入れやすいです。

口に入れた後は吸って満足そうでした。

 

他にも、紙でできた絵本と違って、舐めたり、目に当たっても安心なのもおすすめポイントですよ。

 

スポンサードリンク

はらぺこあおむしの布絵本はファーストトイにぴったり|子どもが夢中になるしかけまとめ

改めて、はらぺこあおむしの布絵本がファーストトイにおすすめポイントをまとめておきます。

  • 子どもがワクワクするしかけがたくさん
  • 長く使える
  • 子どもの手でもつかみやすい

 

3カ月~自分で触って遊べるようになるはらぺこあおむしの布絵本。

その以前にも親が遊んで見せることもできます。

 

子どもが夢中になれる仕掛けがたくさんの布絵本、ぜひチェックしてみてください。

 

それでは、この辺で。

ゆるねこ
ゆるねこ
Twitterでは最新情報を配信中♪
ゆるねこ(@bio_koropochiをチェック