子育て

5歳のおすすめ絵本を元保育士が紹介|子どもに人気の読み聞かせ絵本

5歳ってどんな本を読むんだろう?

子どもが興味のある絵本を買いたいから、5歳児に人気のある絵本を教えてほしい

以上のような、あなたの悩みにお応えします。

 

本記事では、5歳児に買う絵本を悩んでいる人向けに「元保育士が選ぶ5歳の子どもに大人気の絵本」について掲載しています。

元保育士のゆるねこ(@bio_koropochi)が保育園の読み聞かせで5歳児に人気だった絵本を紹介します。

5歳児に買う絵本を悩んでいるあなたは、ぜひともご覧ください。

 

この記事はこんな人にぴったり
  • 5歳児に読む絵本が分からない人
  • 子どもに人気のある絵本を知りたい人

 

5歳のおすすめ絵本を元保育士が紹介

5歳に読み聞かせたい絵本は5つです。

気になる内容をクリックすると、ジャンプしていち早く詳細を読むことができます。

一つずつ詳しくみていきましょう。

 

めっきらもっきら どおんどん

作:長谷川 摂子  絵:ふくや なな  出版社:福音館書店

発表会の劇の題材にもなる絵本

 

絵本の内容

遊ぶ相手がいないかんたは大きな声で歌います。

「ちんぷくまんぷく あっぺらこんの きんぴらこ・・」

すると木の幹の穴から声がしました。

 

覗き込むと、すいこまれてしまいます。

そこにいたのは、おばけの3人組。

ももんがごっこ、お宝交換、なわとび、空飛ぶ丸太などたくさん遊びました。

 

しばらくすると心細くなったかんた。

我慢ができず、「お・か・あ・・」と口に出すと、かんたの体は回りだし・・。

気づいたら、木の幹に立っています。

 

また、あの3人組に会えるでしょうか?

 

この絵本を選んだ理由

絵本が縦になって躍動感があったり、きれいなビー玉が出てくるなど子どもたちが引き付けられる絵本です。

おばけと遊ぶシーンでは、自分ではできない遊びに「楽しそう」「すごい!」と興味津々な子どもたちでした。

 

また、「ちんぷくまんぷく・・」の歌はリズムよく魅力的。

実際何度も見ている内に、歌を覚えみんなで歌うようになりました。

 

外遊びで、ちんぷくまんぷくの歌を歌っておばけが出てこないか試したり、縄跳びを跳んだりして、遊びの中でも絵本の世界が出てくることもあるほどですよ。

 

絵本の読み方のコツ

楽しく歌うことが大切です。

子どもたちを楽しい気持ちにさせ、絵本の世界に引き付けることができます。

 

3人のおばけは笑ったり、怒ったり、泣いたりと感情の変化が激しいです。

なりきれるようにしておくと、話の展開がさらに面白くなります。

5歳のおすすめ絵本の目次に戻る

 

かいじゅうたちのいるところ

作:モーリス・センダック  訳:じんぐう てるお  出版社:冨山房

 

絵本の内容

おおかみに扮したマックスは、お母さんを怒らしてしまい、寝室にほおりこまれます。

寝室に木が生え始め、壁も天井もなくなってしまうのです。

 

波に浮いた船に乗って着いたところは、”かいじゅうたちのいるところ”。

かいじゅうの王様になったマックスは、かいじゅう踊りを始めます。

 

しばらくして、寂しくなったマックスは王様をやめることにしました。

悲しむかいじゅうたちを置いて、マックスは船に乗ると、いつの前にか自分の寝室に戻っています。

 

すると、 お母さんが作った料理はまだ、温かいのでした。

 

絵本を選んだ理由

何回も読み聞かせを重ねていくと、子どもたちの言うことが違ってきます。

 

寝室に戻ったシーンでかいじゅうと会ったのは夢なのでは、と言う子がいたんです。

他の子にも聞くと「寝てないから夢じゃない」「料理が温かいから夢だ」など、それぞれの考えを理由をつけて話していました。

 

ただ絵本で見たことを楽しむだけではなく、絵本の内容を振り返って自分で考えようとしていて、成長を感じることができた絵本でした

 

木が生える日常ではありえない場面や様々な表情のかいじゅうなどは、子どもの興味を引き付けるものですね。

また、言葉がない場面は子どもの想像が膨らみやすくなり、子どもによって感じ方や見方が異なるので面白い意見が聞けます

 

絵本の読み方のコツ

言葉がないシーンでは、静かにページをめくることで子どもの表情や発言が出るようにしました。

子どもの発言には耳を傾け、なんでそう思ったか聞くと子どもならではの発想に気づくことができます。

 

子どもの発想は、大人が想像しているものよりずっと豊かです。

発想を大切にすることで、また新たな発想が生まれることでしょう。

5歳のおすすめ絵本の目次に戻る

 

どろぼうがっこう

作:かこ さとし  出版社:偕成社

発表会の劇の題材にもなる

 

絵本の内容

村はずれにある”どろぼうがっこう”のお話。

くまさかせんせいとどろぼうがっこうの生徒との掛け合いが面白く、

「はーい」「へーい」「ほーい」「わかりやした」と元気に返事をします。

 

なにかどろぼうをしてくるという宿題を出された次の日、生徒たちは何をしてきたのでしょうか?

 

それは、自分の家から革靴を盗ってきたり、先生の金時計を盗ったり。

先生の期待を裏切り、みんな落第です。

 

次の日、夜の遠足に出かけます。

一番大きな金持ち村の家に忍び込んだと思ったら・・

そこはなんと、刑務所だったのでした!

 

絵本を選んだ理由

子どもたちはユーモアがつまった、この絵本が大好きです。

どろぼうの生徒がおかしなことを言うたびに笑いが起きます。

 

最後の刑務所であることが分かった時にはみんなびっくりしていて、想像していなかった展開にまた笑いが起きました。

 

自分なら何を盗むか考えて、絵本の世界に入り込む楽しさを味わえます

この絵本はシリーズものなので、続きを読んであげるのも楽しいですよ。

 

絵本の読み方のコツ

歌を歌ったり、返事をしたりするところは、リズムよく読むと楽しさが倍増です。

長めのお話のため、飽きてきてしまったら区切りのいいところで読むのを切り上げてもいいと思います。

どろぼうがっこうの続き

5歳のおすすめ絵本の目次に戻る

 

いいから いいから

作:長谷川 義史  出版社:絵本館

 

絵本の内容

「いいから いいから」が口癖のおじいちゃん。

かみなりの親子が来ても「いいから いいから」とみんなでご飯を食べ始めます。

 

その後、お風呂に入って背中を流して当たり前のように接するおじいちゃん。

お風呂から出ると、かみなりの親子は逃げるように帰っていきました。

 

次の日、おへそがなくなっていても「いいから いいから」。

届いた手紙におへそが入っており、一件落着です。

 

絵本を選んだ理由

なんでも許してしまいう、おじいちゃんの「いいから いいから」に子どもたちは大爆笑です。

 

セリフと一緒に「いいから いいから」と言って、子どもたちに一体感が生まれていました。

「いいから いいから」のゆったりとしたリズム感のある言葉が、子どもたちは好きです。

 

おじいちゃんの寛大さを見ることできる絵本ですね。

 

絵本の読み方のコツ

おじいちゃんの声を真似て、優しくゆっくりと「いいから いいから」と言いましょう。

きっと子どもたちの大爆笑を誘えると思います。

 

あなたの気持ちもほっこりすること間違いなしです!

5歳のおすすめ絵本の目次に戻る

 

オニのサラリーマン

文:富安 陽子  絵:大島 妙子  出版社:福音館書店

 

絵本の内容

関西弁を話す、オニのサラリーマンの話。

 

スーツを着て、ネクタイ締めて、愛妻弁当持って仕事に出発。

地獄に着くと、えんまだいおうにご挨拶。

 

今日は血の池地獄の監視です。

お昼ご飯に愛妻弁当を食べたら、つい睡魔が・・

目を覚ますと、極楽から垂れた糸につかまり、逃げようとするもうじゃ達。

 

間一髪で糸が切れたものの、えんまだいおうに叱られてしまいます。

最後は、飲み屋でいい気持ちに酔い、辛いサラリーマン生活を物語っています。

 

絵本を選んだ理由

子どもは鬼が怖いけれど、好きという気持ちがあります。

怖いもの見たさのような気持ちですね。

 

そんな鬼が関西弁を話し、人間と同じような生活をするので、とても面白いんです。

辛いサラリーマン生活も、関西弁だからこそ楽しく見えます。

 

絵が細かいので新しい発見があって友達や大人と話すと盛り上がります。

 

絵本の読み方のコツ

関西人ではないあなたも、関西人になりきってノリノリで話しましょう。

そうすることで、子どもの興味を引き付けられます。

 

眠ってしまうシーンの読み方は、本当に寝ているかのような、聞いているほうまで眠たくなるような読み方をすると、引き込まれますね。

絵が細かいので、読み終えた後でもいいので、ゆっくりと見るのも楽しみ方の一つでしょう。

5歳のおすすめ絵本の目次に戻る

 

スポンサードリンク

5歳のおすすめ絵本を元保育士が紹介|子どもに人気の読み聞かせ絵本まとめ

改めて、5歳に読みたいおすすめ絵本をまとめておきます。

 

5歳になると、絵本を見て自分の意見を言ったり、絵の隅々まで見たりして楽しみ方が変わってきます。

絵本に出てくるキャラクターの気持ちになったり、第3者目線で考えたりして、大人が気づかないことまで気づくこともあります。

 

何度も読むと細かいことまで、気づくようになるので、ぜひともたくさん読み聞かせてあげてくださいね。

あなたも一緒に絵本の世界を楽しむことが1番大事です。

 

それでは、この辺で。ゆるねこでした。

ゆるねこ
ゆるねこ
Twitterでは最新の情報を更新中

ゆるねこ(@bio_koropochi)をチェック